プロフィール

ジュンママ

  • Author:ジュンママ
  • 3児の母。娘が2人。
    末っ子の息子のジュンは、1歳で脳腫瘍(毛様細胞性星細胞腫)を発症。
    (闘病の詳細はHPのほうに
    記しています)
    現在は高校1年生。
    日々のあれこれを綴ります。

    ※ここでジュンのことをお伝えするのは終了しました。
    今までありがとうございました。
    お問い合わせは、下記のメールフォームをお使い下さい。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近のコメント

最近の記事

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

QRコード

QRコード

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

じゅんろぐ
ジュンの日々の様子やお気に入りを紹介していきます。
スポンサーサイト 
--/--/-- 【--】 --:--
CATEGORY【スポンサー広告】
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

|
赤字の理由 
2005/12/17 【Sat】 22:52
CATEGORY【思ったこと】
「主婦というものは、赤い財布なんて持つものじゃないのよ。」

だいぶ前の話になりますが、主人の母親にそう言われたことがあります。
家計が赤字になるから・・・ということでした。

その頃私が使っていた財布の色は、ワインレッド。
「えぇ~~!!うちがいつも赤字なのは、この赤い財布のせいなの~?」

しかしその財布はなんとそのお義母さんから、プレゼントされたもの。
しかも私はそのお財布が、ものすごく気に入っていたのです。
こんなお財布は生まれて初めてっていうくらい使いやすくて
あちこち破れたり壊れたりしても、なんとか修理してずっと長く使っていました。

やがてその財布も修理不能となり、今までに何度か財布を購入しましたが・・・。

話は変わりますが、今日は長女と師走の街へ買い物に出かけました。
ちょうど今使ってる私のお財布がボロボロになっていたので、娘の勧めもあり
お財布を購入することに。

9月の娘の誕生日には、お財布をプレゼントした私。
その娘の財布を購入した場所と同じ売り場へ二人でGO。

「おそろいにしようよ~♪」と娘が言うので、仕様は違うけれど
同じタイプのお財布を購入。
“母娘でおそろ”のお財布になりました♪

色はバッチリ黒なので「お義母さん、これでうちの家計は“黒字”になるかな?」
そう思ったけれどきっとこんな返事が返ってきそうです。

「お財布の色じゃないのよ~。家計を黒字にするのも赤字にするのも、
全て主婦としての“腕”なのよ~」

どんぶり勘定が大の得意の私には、簡単に「黒字」は出せないようです(-_-;)





MONO COMME CA」 のお財布にしました(*^_^*)
上が長女の、下が私のです♪


[ -続きを開く- ]
歩く速度 
2005/12/12 【Mon】 22:54
CATEGORY【思ったこと】
寒い一日でした。
道路はツルツルで、歩くのも怖くて怖くて・・・。

私は人一倍歩くのが早いのです。
でも雪道ではゆっくり歩きます。

ところがジュンは逆。
今日も私の前をスタスタ、どんどん進んでく。

だっていつもは遅いのです。
「はぁ~~」とため息つきながら、かったるそうに私の後ろをついてきます。

「ねぇ~!どうして雪道はそんなに早く歩くの~?」とジュンに
後ろから大声で聞いてみたら「だって、怖いんだもん」

私は転びそうで怖くてゆっくり歩くのですが、
ジュンは怖いから急いで歩くのだそうです。

ふ~ん、なるほど・・・。



十年前のジュンの姿。
少しずつ歩く力がついてきた頃。

生後7ヶ月で立ち上がって、その後には伝い歩きも始めたジュン。
足の力はとても強かったのに、その後病気を発症。入院生活へ。
ずっとベッドの上での生活での影響もあって、実際に歩き出したのは
とても遅かったです。

でも、ジュンにはジュンの歩き方がある。
歩く速さがある。

ずっと頑張って今ある命。
みんなとは速度が違っても、自分を信じて歩きつづけてほしいと願っています。

今年のカレンダー、 来年のカレンダー 
2005/11/30 【Wed】 22:10
CATEGORY【思ったこと】


先日お姉ちゃんのバザーで、ジュンは来年のカレンダーを買いました。
選んだのは大好きなトトロのカレンダー。
大き目のサイズで使いやすそうです(^o^)

ところで、今年メインで使っていたカレンダーは、「世界一有名な犬」の
キャラクターのカレンダーでしたが、サイズが小さすぎてとても使いづらいものでした。
なにしろ「半額」につられて買ったので、選ぶ余地がなかったのです(^_^;)

そのカレンダーにはスケジュールシールがおまけについてました。
「誕生日」や「旅行」など他にも色々な行事の可愛い絵のついたシール。
「病院」というのももちろんありました。

でもそのシールの枚数が、たったの4枚なのです(・o・)
4枚じゃ、うちは1ヶ月ももたない・・・。
ジュンだけで、今年一体何回外来を受診したのか・・・。
普通に考えて5人家族で1年に一人1回しか病院にかからなかったとしても
足りない枚数なのです。
少なすぎるよね~と、みんなで文句を言ってました。

それにしても、今年はジュンの入院が一度もなく、それはとても嬉しいことでした。
しかし夏には、ジュンの代わりに?大きいお姉ちゃんの入院があり
辛い思いもしました。

来年は一つでも「病院」という予定や事実が書き込まれることが
少なく済みますように、と強く願う私です。
“彼女”の忘れもの 
2005/11/18 【Fri】 22:32
CATEGORY【思ったこと】


その背中を空港で見送ってから、もう2年

だけど今でもここにあるよ
あなたの忘れもの
パパの車の右側後部のドア・ポケット

ジュンとふたりで座ったこの座席
あのときのジュンとあなたの会話
今でも声が聞こえるよう

あなたが本当に言いたかったこと
私にはわかる
ジュンも私も「負けないよ」
あなたは真実を見ててくれると思うから

新しい朝に挨拶
喜びも悲しみも共にある幸せ
たとえ涙で曇っていても、また見つけられる「何か」
泣き顔じゃなく笑顔で行くね

ー‥・‥・‥・*‥・**☆

“彼女”のホームページ「MY DEAR CANCER」↓
http://banarepa.hp.infoseek.co.jp/

メモリアルページ↓
http://t-junjun.hp.infoseek.co.jp/chedi_room.htm

闘病記についての詳細↓
http://tjunjun.fc2web.com/chedi_nikki.htm

やさしさに支えられて 
2005/10/24 【Mon】 22:55
CATEGORY【思ったこと】
午後から学校へ行くジュンを窓から見送っていたら、
私の親くらいの年代の近所の奥さんに話し掛けられた。
「もう良くなったんでしょ?」
・・・こういうストレートな質問に弱い私。
一体何て答えればいいの?
もちろん言葉は返したけれど、気持ちは複雑。

そしてもう一つ、最近大きな手術をした子のお母さん。
「みんなに聞かれる『手術、成功だった?』って。でも、そんなの
今の時点でわかんないじゃん。
一体何て答えればいいのか、わかんなくなっちゃう」

そうなんだよね。手術したって、その評価はそれからの
経過をみなければわからない。
テレビドラマのように「成功だ~!」って大喜び出来る手術も
確かにあるんだろうけど。

手術が終わっても、治療が終わっても、病気との闘いは終わりじゃない。

後遺症や障害との闘い。
再発の恐怖との闘い。
薬の副作用との闘い。
それは言葉に尽くせない。

手術成功だったよ、治療はもう終わったよ、薬ももう飲まなくていいんだよ
そんな風に言えたら、どんなにいいか・・・。

でもいつかこのトンネルを抜けれる日がくると信じて
私達は一生懸命頑張っています。
そっと見守っていて下さることを願っています。



写真は、4年前の摘出手術の前日にDr.から頂いた、マグネット・ドール。
今でも我が家の冷蔵庫に、くっついています。
み~んなのやさしさに支えられて、ここまで来ることが出来ことを実感します。

アレリーマン 
2005/10/19 【Wed】 22:44
CATEGORY【思ったこと】
困ったものです・・・。
以前から徐々にふえてはいましたが、最近また一気に増えました。
「あれ」って言葉が・・・。

子ども達に呆れられています。
「今日のごはん、あれでいい?」
「あれって何!!(-_-メ)」
っていう会話はしょっちゅう。

そんな時「お母さん、今“アレリーマン”ってCMやってるんだよ。それみたい」
ってジュンに言われました。それはこちら↓
http://www.playstation.jp/psp/ad.html
(PSP「能力トレーナーポータブル」TV新CM“アレリーマン編”)

でも一時期パパとはこのまんま会話を続けられる時期がありました。
「ねぇ、あれどうだっけ?」
「あれはアレだろ」
「そうだよね、アレだよね」
「でもアレだと困るけどな」
「アレじゃなきゃいいのにね」・・・
ってな具合で、延々と続いていくときがあったのです。
最近は通じ合わなくなってきて、「あれ」だと全くわからないのですが・・・(^_^;)

「あれ」の連発で、いつもジュンに怒られている私ですが
今日はジュンとの会話に成功してしまいました。
ジュン:「最近、“あの曲”聞いてないなぁ」
私:「え~?“あの曲”・・・わかった!~。言わないで、言わないで。今かけるから」
とCDをかけたら「当たってるゥ~」
正確には「あれ」じゃなく「あの曲」でしたが
「言わなくても、通じるじゃない~」

でもこれ、マズイですよね。
頭の衰え、止められないのかな。
Dr.に聞いてみたい気もしますが、そんなこと聞いたら
呆れられちゃいますね、きっと。
「先生“あれ”って止められる?」
いや、そんなこと聞く前に、このゲームやったほうがいいのかな。

PSPは持ってないんですけどね・・・。



ジュンの病気が再発した頃、流行っていた曲。
二人の思い出の曲なのです。

現在の閲覧者数:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。