プロフィール

ジュンママ

  • Author:ジュンママ
  • 3児の母。娘が2人。
    末っ子の息子のジュンは、1歳で脳腫瘍(毛様細胞性星細胞腫)を発症。
    (闘病の詳細はHPのほうに
    記しています)
    現在は高校1年生。
    日々のあれこれを綴ります。

    ※ここでジュンのことをお伝えするのは終了しました。
    今までありがとうございました。
    お問い合わせは、下記のメールフォームをお使い下さい。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近のコメント

最近の記事

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

QRコード

QRコード

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

じゅんろぐ
ジュンの日々の様子やお気に入りを紹介していきます。
スポンサーサイト 
--/--/-- 【--】 --:--
CATEGORY【スポンサー広告】
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

|
対策、いろいろ 
2006/04/18 【Tue】 22:26
CATEGORY【病気関連】
4月も中旬を過ぎたというのに、北海道なかなか気温が上がってくれません。
最高気温がまだ一桁台・・・(^^;)
今日は外を歩いていたら、吐く息が白いことに驚きました。

ジュン、今日は朝から元気に学校へ行きました。
ジュン以外の生徒もみんな来て、無事に学級写真も撮ることが出来たそうです。

ところで話は変わりますが、ジュンの腫瘍は
只今大変落ち着いてくれています。

それでよく受ける質問:
「ジュンくんは治療か何かしてるんですか?」または
「健康食品などは摂っていますか?」

答え:
「じゅんは現在健康食品などは一切摂っていません」

じゃあ、それでは何も気にせず過ごしているかと聞かれれば、そうではないです。
やはり病気の子がいると神経質になるし、あれこれ考えてしまいます。

私が気になるのは「電磁波」

電磁波対策グッズは色々あるようですが、我が家で使っている物の中の
一つを紹介します。



波動プレートといいます。

セラミック製で、高周波になるように加工されており、普通にお皿のように
使ってもいのですが、電子レンジにも対応していて
有害と言われる電磁波から、守ってくれるのです。

2枚あるので1枚は台所に置いて、1枚は電子レンジに入れて使っています。

このプレートの上に何か食べ物を置いておくと、果物は甘く、料理はうんとおいしく、
お酒ならオールドがリザーブになるよ、と説明を受けました(笑)

確かに果物は甘くなるようです。
後の効果は目に見えないので、私にはよくわかりません。

これ以外にも使ってるものはありますが、機会があったらまた紹介させて頂きますね。



くすりやさんのおもちゃ 
2005/11/23 【Wed】 22:50
CATEGORY【病気関連】
昨日、上のお姉ちゃんを連れて北大の皮膚科を受診しました。
初診ということで予約外だったため、待つこと2時間。
かつてはジュンもここの常連さんでしたが、いつの間にか
良い状態になり、皮膚科とは疎遠になっていました。

診察が終わって病院を出て薬をもらうため、薬局へ。
中へ入るといつもの見慣れた薬剤師さんの姿が。
娘に「覚えてる?」と聞いたら「覚えてる~!」(^o^)と。

最初の退院の時、ジュンはまだ自分に必要な栄養を経口接取することが出来ず
点滴を引っさげての帰宅だったため、薬局から家に輸液を届けてもらっていました。
口から栄養がとれないため、まさしく命の点滴。

家に輸液専用の冷蔵庫を用意し、点滴のルートや膨大なシリンジ、
テープや包帯類を入れておくプラスチック製の引き出し式の棚も購入。
薬局では病院から預かったそれらのものも、調整した輸液と一緒に
届けてくれるのです。
それはこの薬剤師さんの好意でした。
本来、薬局は輸液だけを届ければいいのですから。

入院中は看護師さんや先生がしてくれたり、教えてくれたことを
今度は家で私一人でやらねばならず、その頃は不安でいっぱいでした。
そんな私をいつも声をかけて質問に答えてくれたり、励ましてくれたり。

そして思い出すのはいつも持ってきてくれたおもちゃ。
ジュンの分だけではなく、お姉ちゃん達の分もちゃんと3つ。
子ども達はとても喜んでいました。

やがて奇跡的に点滴がはずれることになり、薬局から輸液を
運んでもらうこともなくなりました。
家に通ってもらった1年間。本当に親切にしてもらいました。

その当時小学校5年~6年生だった娘も今は二十歳。
その薬剤師さんは娘を見るなり「わー!大きくなったなあ。ぼくが年をとるわけだ」
「私もです~」

その後娘にとても熱心に薬の説明をしてくれました。

今でもジュンの顔を見ればおもちゃを手渡してくれるのです。
心やさしい人たちに支えられて、今のジュンがあることを思います。



写真は当時もらったおもちゃ。
左からピョンピョンガエル、ミニパチンコ、ブーブークッション
随分と楽しませてもらいました(*^^*)

最新MRI検査画像 
2005/10/26 【Wed】 22:04
CATEGORY【病気関連】
9月27日に受けたMRI検査画像を、HP別館に掲載しました。
前回の検査から、ちょうど1年。
今回腫瘍は、小さくはなってはいなかったのですが、少しすっきりとした印象でした。
どうぞご覧下さい。

http://tjunjun.fc2web.com/jun_mri.htm




ジュンの薬 
2005/06/10 【Fri】 22:34
CATEGORY【病気関連】
kusuri.jpg

そう言えば、ホームページがありながらジュンが飲んでる薬を
ちゃんと紹介したことがない、ということに気がついたのでした。
それで今日はジュンがお世話になってる薬の紹介です。

ジュンが飲んでる薬はこれです↓
飲み薬は全部で5種類。
写真、左上がメバロチン5mg。血液中のコレステロールを減らす薬です。
朝晩1錠ずつ。
右上がチラーヂン。甲状腺ホルモンを補う薬です。
朝だけ50mgと25mgを1錠ずつ。
下のがアレビアチン100mg。痙攣止めの薬です。
朝晩1錠ずつ。
そして同じく下のケースの左側のがコートリル10mg。
副腎皮質ホルモンを補う薬です。
朝だけ0.5錠。
これにジュンの尿崩症に対する、デスモプレシン点鼻薬が加わります。
(写真撮るの忘れちゃいました(--;))

百円ショップのプラスチックケース3つに入れて保管しています。
入院するときは、このまま病棟に預けます。
基本的にジュン本人管理で、私が飲み忘れがないかチェック。
在庫確認も今は私がしています。
飲むときジュンはいつもため息「はぁ~」や「うげ~(==;)」
色んなこと言いながら、頑張って飲んでます。

写ってるカメちゃんは祐子母さんから頂いた
『長生きカメちゃん』です(^^)

冷蔵庫のなかみは・・・ 
2005/05/27 【Fri】 21:33
CATEGORY【病気関連】
otyaotya.jpg

ちょっと恥ずかしいのですが、うちの冷蔵庫の中です。
ジュンが飲むお茶がズラリ。家族が飲むお茶と分けてます。
3年半前の摘出手術後、尿崩症という症状で余計に水分が体外に
出てしまうようになりました。
それで喉が渇き、その都度水分の補給が必要なのです。
退院当時、まだか細くて小さかったジュンが自分で取り出しやすいようにと
このようにしました。
これだと飲んだ量も一目瞭然で、水分のバランスを把握しやすいのです。
お茶は普通の麦茶と通販で取り寄せたブレンド茶の2種。
ジュンは喉をゴクゴク言わせて飲みます。
そんなわけで、うちの冷蔵庫にはパパのビールは入る余地無し。
野菜室に入れられたりしています(゜.゜;

ジュンの体調はイマイチでした。
やはり午前中、調子が悪くてため息ばかり。
あさっての運動会には出られそうにもありません。
最後の運動会だったんだけどな~(・・、)


現在の閲覧者数:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。