プロフィール

ジュンママ

  • Author:ジュンママ
  • 3児の母。娘が2人。
    末っ子の息子のジュンは、1歳で脳腫瘍(毛様細胞性星細胞腫)を発症。
    (闘病の詳細はHPのほうに
    記しています)
    現在は高校1年生。
    日々のあれこれを綴ります。

    ※ここでジュンのことをお伝えするのは終了しました。
    今までありがとうございました。
    お問い合わせは、下記のメールフォームをお使い下さい。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近のコメント

最近の記事

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

QRコード

QRコード

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

じゅんろぐ
ジュンの日々の様子やお気に入りを紹介していきます。
スポンサーサイト 
--/--/-- 【--】 --:--
CATEGORY【スポンサー広告】
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

|
Chediの闘病日記 
2005/05/31 【Tue】 21:15
CATEGORY【本】
IMG_0166.jpg

とうとうあの偉大なホームページ 〈MY DEAR CANCER〉 が
一冊の本になり、〈Chediの闘病日記〉というタイトルで出版される
ことになりました。
若くして癌という病気にかかりながらも、明るく夢を持って生きた
Chediさん。
自分自身が苦しい治療を受けながらも、人を励まし
最後まで生きることを諦めなかったChediさん。
亡くなるわずか3ヶ月半前には、この北海道までジュンの誕生日を
お祝いしに来てくれました。
それが旅行好きだった彼女の最後の旅となりました。
その時のことも記されています。

6月1日が発売日となっていますが、店頭に並ぶのは6月中旬
だそうです。
詳しくは、Chediさんのメモリアルページをご覧下さい。

最期は微笑んでいたというChediさん・・・。
今頃は天国で微笑んでいてくれるでしょうか。

この北海道で会うことが出来て、手を繋いで歩いたこと。
ジュンはず~っと、ず~っと忘れることはないでしょう。

 
2005/05/24 【Tue】 22:04
CATEGORY【本】
hon1.jpg

病気のために遠くからきて、大きな病院での入院加療をする子ども達。
その子ども達と家族を支える「第2の我が家」ファミリーハウス。
ジュンが最初の入院をしていたとき、たくさんの子ども達が遠くから来ていました。
でもジュンが入院していた病院には、そのときはまだファミリーハウスはなかったのです。

この絵本には難病の男の子が闘病生活の中でファミリーハウスと出会い
たくさんの人のやさしさに支えられて苦難を乗り越えていく姿が描かれています。
この本の編集にはNPO法人(特定非営利活動法人)ファミリーハウスが協力。
『絵本大使』という、全国の小・中・高等学校にこの本を届ける活動もすすめています。
絵本大使については、こちら↓
http://www.familyhouse.or.jp/topics/topics_ehon.html

闘病生活の中で直面する問題や、病気に立ち向かわねばならない子どもの気持ち。
でも差し伸べてくれる暖かい手があれば、乗り越えられることがある。
たくさんの方に、読んで頂きたい1冊です。


現在の閲覧者数:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。