プロフィール

ジュンママ

  • Author:ジュンママ
  • 3児の母。娘が2人。
    末っ子の息子のジュンは、1歳で脳腫瘍(毛様細胞性星細胞腫)を発症。
    (闘病の詳細はHPのほうに
    記しています)
    現在は高校1年生。
    日々のあれこれを綴ります。

    ※ここでジュンのことをお伝えするのは終了しました。
    今までありがとうございました。
    お問い合わせは、下記のメールフォームをお使い下さい。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近のコメント

最近の記事

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

QRコード

QRコード

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

じゅんろぐ
ジュンの日々の様子やお気に入りを紹介していきます。
スポンサーサイト 
--/--/-- 【--】 --:--
CATEGORY【スポンサー広告】
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

|
ジュンの友達、健吾くん 
2007/09/17 【Mon】 23:13
CATEGORY【おしらせ】
お休み中にも、関わらず、たくさんのアクセスありがとうございます。
ジュンは元気に過ごしています。

もう少しで新しい 「じゅんろぐ」 へ、ご案内できる予定ですので
もう少し、待ってて下さいね(^o^)

今日はお知らせです。

本サイトのほうに、ジュンの友達 「健ちゃん」 のページ
“ 「今」を生きているあなたへ ~子どもたちへのメッセージ ” を掲載しました。
http://t-junjun.hp.infoseek.co.jp/kenchan.htm

「健ちゃん」 こと、中島健吾くんは、ジュンの闘病仲間。
1993年、小学校3年生のときに脳腫瘍 (髄芽腫) を発症。
地元九州の病院で治療を受けたものの、翌年4年生のときに再発。
そのため家族と離れ、お母さんと2人で遠くこの北海道まで来て、治療を受けていました。
そのときにジュンと健ちゃんは病棟で出会い、ジュンは1歳、健ちゃんは10歳と
年齢は離れていましたが、仲良しになりました。
優しいお兄ちゃんである健ちゃんがジュンは大好きでした。

やがて1995年に夏に、治療を終えた健ちゃんは、
元気に故郷の九州長崎に帰って行きました。
その後、その年の年末にもう一度、受診で北海道を訪れた健ちゃんとお母さんが
まだ入院しているジュンに会いに来てくれて、再会することが出来ました。
そのとき健ちゃんは、とっても元気な様子だったのですが・・・。

それから翌年1996年の9月、健ちゃんは小学校6年生、11歳で旅立ってしまったのです。

健ちゃんのことを記した 「パパママ日誌」 を今またここに
掲載させて頂きます。
(内容が重複しますが、ご了承下さい)

‥*‥‥・‥・‥*‥・‥*‥・‥・‥・‥・‥・‥・**
【2003年12月10日の、パパママ日誌より】

懐かしい声の電話がありました。ジュンが最初の入院をした時の仲間、
ケンちゃんのお母さんです。
私が送ったものが届いたよ~と元気な声。
ケンちゃんは小学校3年生の時に脳腫瘍が発見されて
地元九州の病院で治療を受けましたが、4年生の時に再発。
色んな経緯からこの北海道に来て治療を受けていました。

お母さんは病院の近くにアパートを借りて、
そこから毎日病院へ通う生活です。
でもちょうどその頃病棟には同じように、遠くから
治療にやって来ている子ども達とそのお母さんがたくさんいて、
みんなお互いに励ましあいながら頑張っていました。
ケンちゃんはやさしくて病室からジュンが見えると、いつもベッドから手を振ってくれました。

お母さんは音大出身で綺麗な声。
朝 「おはようございま~す!」 と聞こえるとすぐ彼女がやって来た~とわかります。
約1年間頑張った甲斐があって元気になったケンちゃんはお母さんと
九州の自宅へ帰って行きました。
が、しかしその後再々発。平成8年の9月2日、11歳で旅立ちました。

あの頃病棟の副婦長で、現在看護師長のSさんと
2年前ジュンが手術を受けた時に、ケンちゃんの思い出を話したことがありました。
そのときの婦長の言葉です。

「“死”に対して医療は敗北なのよね。それは謙虚にならないといけないと思うの。
でも一つだけ言えることはあの時やっていたことは間違いじゃなかった、ということ。

それだけは言えると思うのね。
あの時みんなで頑張って、ケンちゃんに少しでも多く
家族と一緒にいられる時間あげられたかな、とそう今は思ってるの」。

いつの間にか、婦長と私二人で泣いていました。話せて良かった。そう思いました。

ケンちゃんのお母さんは今、ファミリーハウス誘致のボランティアをしながら、
小中学校で自らの体験を講演してまわっています。
我が子の想いを伝えたい。闘病してる子ども達が今もいることを伝えたい。
そう言って今日も頑張っています。

先日12月2日は、ケンちゃんの19回目の誕生日でした。
最初に会った時 「ケンちゃん、何歳?」 の質問に 「テンサイ!(10歳)」 
と答えて私達を笑わせてくれたケンちゃん。
そう今のジュンと同じ年だったんだよね。
悔しい思いはつきないけれど、出会えたことに感謝です。
きっといつかまたみんな会えるよね。
その時を楽しみに私は明日も頑張ろうと思います。

‥*‥‥・‥・‥*‥・‥*‥・‥・‥・‥・‥・‥・**

ジュンの闘病も、もう13年になりますから、少々古い話になりますが
過去から学ぶこともあると思うのです。

健ちゃんのお母さんのお話を聞いた、子どもたちの感想もあります。
健ちゃんのページ、どうぞご覧になって見てください。

【 “健ちゃん”関連記事 】
http://tjunblog.blog11.fc2.com/blog-entry-30.html
(2005年6月21日付のブログ)


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://tjunblog.blog11.fc2.com/tb.php/687-9bf183ef
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
現在の閲覧者数:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。