プロフィール

ジュンママ

  • Author:ジュンママ
  • 3児の母。娘が2人。
    末っ子の息子のジュンは、1歳で脳腫瘍(毛様細胞性星細胞腫)を発症。
    (闘病の詳細はHPのほうに
    記しています)
    現在は高校1年生。
    日々のあれこれを綴ります。

    ※ここでジュンのことをお伝えするのは終了しました。
    今までありがとうございました。
    お問い合わせは、下記のメールフォームをお使い下さい。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近のコメント

最近の記事

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

QRコード

QRコード

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

じゅんろぐ
ジュンの日々の様子やお気に入りを紹介していきます。
スポンサーサイト 
--/--/-- 【--】 --:--
CATEGORY【スポンサー広告】
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

|
そして、新たな発展に向けて ~学会最終日~ 
2006/10/09 【Mon】 22:20
CATEGORY【日本脳腫瘍学会】
ジュンの主治医からは準備段階から、この学会のことは
たびたび聞かされていました。
こういった学会の準備は、通常2年前から始められるのだそうです。

その学会も、いよいよ最終日。

先生からは、時々海外の学会の話も聞かされていました。

海外の学会では患者会がこういった学会に出席すること。
そして患者会からの発表もあること。
医療には厳しい患者の目が光っていること。

この学会最終日、患者会からの発表がありました。

「がんの子供を守る会」http://www.ccaj-found.or.jp/

「小児脳腫瘍の会」http://www.pbtn.jp/

「脳腫瘍ネットワーク」http://www.jbta.net/

こういったかたちで学会へ患者会が参加するのは始めてのことだったそうです。

「脳腫瘍」を冠した患者会は少し以前まで、日本にはありませんでした。

特に「脳腫瘍ネットワーク」はまだ生まれたばかりの会ですが
今後医療、福祉、教育関係者の協力を得て、子どもも大人も、
全ての脳腫瘍の患者さんとその家族を支援することを、目的としています。

発表は短時間でしたが、それぞれ工夫されていて、
とても良い内容だったと思います。

私自身、この学会に参加してみて、色んなことを感じました。
まず先生方、日ごろ多くの患者さんを抱えお忙しい中、研究に励み
このような場所に出ていらっしゃること。
そのことに深く感謝申し上げようと思います。

けれど、脳腫瘍治療の現場にはまだまだ問題点が多いように感じます。
どうぞ「患者の声」が臨床現場に生かされますように。
一方通行ではない医療の構築が成されていきますように。

来年「第25回 日本脳腫瘍学会」は、
東京のお台場(会長 渋井総一郎先生)で開かれるそうです。

今年度会長が呈したことが、湖水に広がる波紋のように、この北から中心へと。
決して途切れることなく、引き継がれていきますように。

一患者家族として、その思いを強くしました。




学会が去った後、阿寒湖は今静かに、一年で一番美しいときを迎えています。

20061009224112.jpg


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://tjunblog.blog11.fc2.com/tb.php/472-6d1cbd89
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
現在の閲覧者数:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。