プロフィール

ジュンママ

  • Author:ジュンママ
  • 3児の母。娘が2人。
    末っ子の息子のジュンは、1歳で脳腫瘍(毛様細胞性星細胞腫)を発症。
    (闘病の詳細はHPのほうに
    記しています)
    現在は高校1年生。
    日々のあれこれを綴ります。

    ※ここでジュンのことをお伝えするのは終了しました。
    今までありがとうございました。
    お問い合わせは、下記のメールフォームをお使い下さい。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近のコメント

最近の記事

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

QRコード

QRコード

カレンダー

07 | 2007/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

じゅんろぐ
ジュンの日々の様子やお気に入りを紹介していきます。
スポンサーサイト 
--/--/-- 【--】 --:--
CATEGORY【スポンサー広告】
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

|
Myガーグルベース 
2007/08/21 【Tue】 23:21
CATEGORY【病気関連】


これを見るたびあの頃を思い、なんて楽になったんだろうって思います。
今は使わなくなったなぁって。

これはジュンが最初の長い入院から、家に帰ってきたときに、準備したものです。
その頃はまだ嘔吐が激しかったので。

未だに家の中心位置に置いてありますが、なんだかごちゃごちゃと
色んなものを入れられて、小物入れのようになっています。
そういえば、同じように退院してくるときに準備した点滴棒も、
洋服かけになっていましたっけ。

今年はお正月に一度使ったきりで、出番はなしです。

一体いつ嘔吐するかわからなかったので、外出時も常に持ち歩いていました。
お母さん方とランチするってなったときも、これを準備してる私を見て
「何故?」 と不思議がられて、何と説明して良いのか困ったときもありました。

一応治療も全て終わり、「もうこれ以上何もすることはありません。」
そう言われて、自分からやや強引に家に連れて帰ってきた、そういう退院でしたが
そのときは、自分の口から物も食べれないような子を
育てられるのかどうか正直自信はありませんでした。

でも一年で点滴がはずれて、食べれるようになり、そして・・・。
今は嘔吐も頭痛も、辛い症状だったことも少しずつ減り
今はこんなに元気なジュンがいます。

昨日と今日とでは、あまり変化はないようでも
少し長いタームで見ると、変わってきていることに気がつくときがあります。

そういえば、人にジュンのことを話すとき、やっと泣かないで
話せるようになっていた自分に先日気がつきました。

病気の発症から13年。退院から11年。

いつの間にか、抜け道を見つけて違う場所に来ていた・・・。
そんなこともあるんだなあって、思いました。



スポンサーサイト

現在の閲覧者数:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。