プロフィール

ジュンママ

  • Author:ジュンママ
  • 3児の母。娘が2人。
    末っ子の息子のジュンは、1歳で脳腫瘍(毛様細胞性星細胞腫)を発症。
    (闘病の詳細はHPのほうに
    記しています)
    現在は高校1年生。
    日々のあれこれを綴ります。

    ※ここでジュンのことをお伝えするのは終了しました。
    今までありがとうございました。
    お問い合わせは、下記のメールフォームをお使い下さい。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近のコメント

最近の記事

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

QRコード

QRコード

カレンダー

06 | 2007/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

じゅんろぐ
ジュンの日々の様子やお気に入りを紹介していきます。
スポンサーサイト 
--/--/-- 【--】 --:--
CATEGORY【スポンサー広告】
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

|
育て!土踏まず 
2007/07/01 【Sun】 22:29
CATEGORY【病気関連】
土踏まず、ってその名の通り、土につかない土を踏まない部分のことです。
足の中央のくぼんだ部分。
横から見ると弓のようにアーチ型に反り返っていて、これを足の「アーチ構造」というそうです。
ここが人間にとって重要な役割をしています。

足の裏のこのアーチが、歩いたり走ったりするときに足が滑らかに動く働きをしたり、
またバランスをとったり、足にかかる衝撃を和らげるなどクッションの役割もしています。

なので、この土踏まずのない人は足を痛めやすいのだそうです。

・・・ジュンにはこの「土踏まず」がありません。
そう、「偏平足」

IMGP0297.jpg

原因は後天的なものが多いそうですが、ジュンもそうですね。
明らかに入院が長期に及んだことによる弊害です。
ジュンの場合、1歳になってすぐ入院で、退院したのは2歳と8ヶ月。
ちょうど足が形成されていく、成長過程のときだったのですね。
そのときにずっとベッドの上にいて、必要な運動がなされなかったためだと思われます。

土踏まずがない人は、歩くときの衝撃が吸収されず、膝や腰にも大きな負担がかかり
体全体にも悪い影響を及ぼすこともあるそうです。

ジュンと同じような年齢で長期入院されるお子さんは、ご両親がこのことを頭において
なるべく歩くような努力をされることをお勧めします。

一度損なわれたアーチが作られることはないそうですが、
改善する道はあるようです。
足に合った靴を履いて、なるべく歩く努力をしたり、青竹踏みやつま先立ちも有効だそうです。
IMGP0301.jpg

頑張れ~、ジュン!



スポンサーサイト

現在の閲覧者数:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。