プロフィール

ジュンママ

  • Author:ジュンママ
  • 3児の母。娘が2人。
    末っ子の息子のジュンは、1歳で脳腫瘍(毛様細胞性星細胞腫)を発症。
    (闘病の詳細はHPのほうに
    記しています)
    現在は高校1年生。
    日々のあれこれを綴ります。

    ※ここでジュンのことをお伝えするのは終了しました。
    今までありがとうございました。
    お問い合わせは、下記のメールフォームをお使い下さい。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近のコメント

最近の記事

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

QRコード

QRコード

カレンダー

02 | 2007/03 | 04
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

じゅんろぐ
ジュンの日々の様子やお気に入りを紹介していきます。
スポンサーサイト 
--/--/-- 【--】 --:--
CATEGORY【スポンサー広告】
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

|
スニーカーに履き替えて 
2007/03/30 【Fri】 22:49
CATEGORY【日記】
2007-0328-0947.jpg
祐子母さんから届いた、東京の桜の画像です♪

東京は桜が満開になったそうですね。
だいぶ前の話ですが、東京の上野公園で見た桜を思い出しています。

札幌はもちろん花が咲くのはまだまだなのですが
ジュンの靴も今日からやっとスノトレからスニーカーに衣替え。
「うわっ!かる~い♪」
「走りたくなる~」と喜んでるジュンです(^o^)

今ジュンは大掃除中。
宝物多すぎで、机も上も横も物だらけ。
ちょっとは減らさないと・・・。
ジュンは随分と思い切って片付けたつもりのようですが、
「まだまだ、だね(byテニスの王子様)」

依然として、宝物多し、です。

IMG_2317.jpg
ジュンの宝物の中から。左がフェアレディZ、右がマッハ号☆
こういったものは手放せないようです(^_^;)


スポンサーサイト
男のおしゃれ 
2007/03/27 【Tue】 22:53
CATEGORY【日記】


出掛けるのにズボンのしわが気になったらしく、自分でアイロンをかけています。
男の子は、おしゃれに目覚める年頃でしょうか。
お姉ちゃんたちはこんなことしてる姿、見たことないな~。




火傷しちゃった 
2007/03/24 【Sat】 22:39
CATEGORY【日記】
うっかりしてて、やけどしちゃいました(>。<)
指2本、ヒリヒリして痛いそうです。




・・・そして、ジュンのこの一年 
2007/03/23 【Fri】 23:15
CATEGORY【日記】
一学期の修了式でした。
「一年生のジュン」 は、今日で終了。

「少しでも多く学校に行けますように」 との目標を立て、スタートした一年でしたが、
そこから始まったとは思えないくらいの変わりようでした。

夏から始まった新しい治療の効果もありましたが、何より学校で
楽しく過ごせるようになったことで気力も充実。
体力的な理由で 「出来ない」 と思っていたことも、どんどん出来るようなっていきました。

野外学習や宿泊学習などの行事に参加して、友達と一緒に
先生に色んなところに連れて行って頂いたり
調理実習や生活科の学習、体力づくりや作業学習など、
本当に色々な体験をすることが出来ました。

このクラスでなければ出来なかったこともあり、本当にこのクラスに入って
良かったと思いました。

なんだか今までの分、この一年で取り戻した気分です。

奇しくも一年前の今日は、ジュンが卒業証書を頂いた日です。
みんなは少し前の卒業式で旅立っていたので
ジュンのたった一人の卒業式でした。

そのときに受け取った、ジュンから私への手紙。
以前にも紹介しましたが、今またここに。

「 どうもありがとう中学校どこにするか、すごく
 なやんだけど、決まってよかったです。
 中学校に行って、みんなとなかよくして
 みんなに手品を見せたいです。
 今度の中学校は、休まず元気に通いたいです。
 これからもよろしくお願いします。」

このときは、こんなの夢って感じで、切ない気持ちでこの手紙を読みましたが
その“夢”は、この一年間で全て叶いました。ありがとうございます。

そして・・・今日ジュンの担任の先生が、離任されました。
細やかな配慮でサポートして頂き、またたくさんのことを教えて下さって、
助けて頂いたこと感謝にたえません。
寂しくて残念ですが、私もジュンも先生と過ごした一年間を忘れません。
ありがとうございました。


気分はすっかり新入社員!? 
2007/03/22 【Thu】 22:29
CATEGORY【お姉ちゃんのこと】
昨日は娘の入社式&オリエンテーションがありました。
会社側が配慮して下さって、私も同行出来ることになり、娘と一緒に出席しました。

行くときはジュンも 「ぼくも行く~」 と一緒に。
向こうに着いてから、別れました。

入社式・・・とは言われていたのですが、仰々しい式はなく
店長さんのお話の後は、すぐにオリエンテーションに移行。

予定されてた時間を考えると、少しキツイだろうと
思ってはいたのですが、それではまだまだ考えが甘かった・・・。
この会社の規模を考えたら当たり前のことだったんですが
膨大な量のマニュアルを、一日がかりで叩き込まれることになりました。

会社の歴史から始まって、企業理念、企業体系、そして
企業としての取り組みについてなど。

それから、この会社の専門用語や物品の扱い方。
服装、言葉使い、態度、挨拶の仕方・・。

次々と、ビデオの視聴と講義。
同時期入社の皆さんと一緒に、長時間娘とふたり頑張りました。
終わったら、ふたりともヘロヘロ~に。
私もまさかこの年になって、このような場に出ることになるとは
思ってみもせず、気分はすっかり新入社員でした。

一日がかりで終えた研修。大変でしたが、とても感動してしまいました。
最初の店長さんの言葉。その会社が求めてる人材について
「 経歴、学歴、性別、年齢、国籍、宗教等一切問わない。
          同じ仕事をする者は、皆同じ給料 


そうでしたか・・・。そういう理念があったこと、知りませんでした。
うちの娘を受け入れて頂けたことに、ひたすら感謝です。

ところで・・。
うちの娘は1989年生まれです。

この年は激動の年でした。
世界的にはベルリンの壁崩壊、天安門事件など・・。

日本においても激動の年でしたが、なんと言っても
この年は、昭和から平成になった年でした。

だから、そう・・・
いよいよこの春から、平成生まれが社会に出ます。
(うちの娘は早生まれなので、本格的には来年からですが)

どうぞ皆さん、よろしくお願いいたします。


お姉ちゃんの12年 
2007/03/20 【Tue】 22:26
CATEGORY【お姉ちゃんのこと】
ジュンが発病したときは、まだ幼稚園の年長組でした。

送迎バスなどない幼稚園だったので、毎日私と娘手を繋いで歩いて通園。
ジュンは背中におんぶして。
春に卒園を控えていて、こんな風に娘と過ごせるのも、あと少しなんだって
思ってた冬のある日に、突然ジュンの入院。

晴れの小学校の入学式のときには、ジュンが化学療法の真っ最中で
私は出席出来ませんでした。



そんな娘も、いよいよ明日は入社式。
今日はふたりで街へ出掛けて、ランチして買物して。
“最後の日”を楽しく過ごしました。
明日は私も一緒に出席します。

良いスタートが切れそうです。




[ -続きを開く- ]
まだ、冬 
2007/03/19 【Mon】 22:36
CATEGORY【登校風景】


今年度の登校日も、後3日。
もうすぐ春休み。

暖冬だから春は早く来るのかと思っていたのに、なんだかいつまでも寒い今日この頃。
3年生がいない教室は寂しくて、広く感じるそうです。
楽しかった日々に感謝しながら、ジュンの “中学1年生” は終わっていきます。




とれました 
2007/03/18 【Sun】 22:42
CATEGORY【日記】
今日、無事にポロッときれいにとれました。



金曜日に学校から帰ってきたら、ソックスが真っ赤になっててビックリ。
「どうしたの!?」と聞いたら、本人は「わかんない」
よく見てみたら、ちょうどイボの場所なのでソックスを脱いでみたら
表皮の中にたまっていたものが、全部外へ出たようでした。

それで今日、お風呂に入ったら、その後にきれいにとれました。
ちょっと痛い思いもしましたが、治ってヨカッタ!


(以前の様子↓)
http://tjunblog.blog11.fc2.com/blog-entry-569.html


絵手紙 
2007/03/17 【Sat】 13:50
CATEGORY【日記】
先日、ジュンが学校で書いた絵手紙を、持ち帰りました。




赤レンガ庁舎について、過去の日記↓
http://tjunblog.blog11.fc2.com/blog-entry-387.html

http://tjunblog.blog11.fc2.com/blog-entry-545.html


みんなの門出 
2007/03/16 【Fri】 22:07
CATEGORY【日記】
昨日、「社会自立を励ますつどい」 があり、真ん中のお姉ちゃんが出席しました。
親の会が主催する 「合同入社式」 です。

任意出席なので全員来るわけではありませんが、卒業後初めてみんなに会えるので
楽しみに行きました。
みんな真新しいスーツを着て、カッコいい!見違えちゃう。
式では、一人一人名前を呼ばれて立ち上がり、これからの目標、抱負をアナウンスされます。
娘がもうすぐ入社する会社の方もいらして下さっていて
その方が、娘に近寄り声をかけて下さっているのが見えました。
今までに会ったことのない方だったので、さっき娘が名前を呼ばれて立ったときに
娘の姿を見て覚えて下さったのだと思います。
後で娘に聞いたら、「待ってるからね」 と言って下さったそうです。
ありがとうございます!!とても嬉しいです。

一方ジュンの学校は、卒業式が行われていました。
一年間一緒に過ごした3年生とお別れしなけらばならず、
少し前から 「もうすぐ会えなくなっちゃう・・」 と悲しんでいました。
前日から 「明日、どうしよう・・」 と言ってましたが、やはり涙が出て
3年生の子と抱き合って泣いてしまったそうです。

今日から教室には3年生がいなくなり、寂しくなったようですが
もうすぐジュンは2年生となり、先輩となります。

みんなの門出に幸せいっぱいありますように






ある小児科医のつぶやき 
2007/03/14 【Wed】 23:04
CATEGORY【思ったこと】
しばらくジュンのことに触れてませんでした(^_^;)

ジュンは風邪が、なかなかよくならずにいました。
日記にも書いたように、3/5の朝、登校前に近所の病院に行き、
薬をもらって毎日服用してましたが、鼻水や咳や痰などの症状がさっぱり良くならず、
お姉ちゃんの卒業式の前の日 (3/10 土曜日) には再びいつもの小児科を受診。
今までの薬が効いていないようなので、違う薬をもらってきました。
まあ、今回の風邪は熱もなく、比較的元気でしたのでそれは良かったのですが。

これは今回最初に小児科を受診した3月5日の月曜日のこと。

子どもたちが小さい頃は、しょっちゅうこの病院にお世話になっていたのですが
最近は、すっかりご無沙汰していました。
ここのドクターは東京からいらして、ここ札幌で開業された方。
とってもお話好きで、以前勤務されてた東京の大学病院のお話や
東京の方から見た北海道のここが不思議!という話を、いつも
お話してくれます。

この日はジュンの診察を終えた後、「今年はインフルエンザはどうですか?」
と聞いてみました。
すると「う~ん、少ないね、今年は・・・昨日(日曜日)当番医だったけど・・・」

「北海道、ダメだよね」

え!? 北海道の何がダメなんですか!?
・・・って、いうか先生の北海道の七不思議話、久しぶり~(ちょっと、ワクワク

「日曜祭日当番医か夜間当番医にしか来ない人がいるんだ。普段、仕事で忙しいからって。
開いてて、ヨカッタ!て、まるで病院をコンビニ扱いだよね。東京じゃそんなこと、なかった。
僕の親父は未だに東京で開業してるけど、診療日以外の日も来るもの拒まず見るし、
診察時間以外の電話にも出て、対応するし。
たとえば元旦なんか、やっぱり来る人はいるけど・・。
みんな、具合が悪くなって来るというよりも、いつも来てる人が挨拶に来るってくらいで、
来ても10人くらいかな。でも札幌で、そんな体制だったら、100人来ちゃう。
うちも、最初の頃は電話にも出てたけど、やってられなくなって、止めた。」

「えぇ!?そうなんですか。図々しいのかしら?」

「いや、図々しいというよりは、ドライなんだね。“どうせ仕事だろ”って感覚。
でも僕ら、仕事とかお金もらってるとか、そういうことじゃないところでやってるってこと、
わかってほしい」

それから、インフルエンザの薬、タミフルの話に。

タミフルで発生してるという、異常行動について。
「あれって、この子くらい(ジュンくらい)の年齢の子どもに集中してるでしょ?
この子くらいの子って、親が見てない年齢でしょ。
昨日も何人かインフルエンザの子がいて、親に“見てられるなら、タミフル出しますよ”って、
言ったら拒否して帰った。見てられませんからだってさ。
インフルエンザを自然治癒で治すなんて、本人苦しいんじゃないかな」

確実に脳炎などは増えるだろうと、言ってました。

どうぞ子どもが具合の悪いときは、目を離さないで

・・・と、言っても、うちも子どもは一人ではないので
色々な状況で、子どもを一人で置いて、出かけなければならなかったことがあり、
ちょっと胸が痛かったです。

小児科のお医者さんのつぶやき、というよりは 「叫び」 かもしれません。

ジュンの風邪の症状は、やっと良くなりました。




[ -続きを開く- ]
飛び立つとき 
2007/03/12 【Mon】 23:33
CATEGORY【日記】
昨日11日、真ん中のお姉ちゃんの高等養護学校の卒業式がありました。
いよいよ最後の日。
日曜日だったので、ジュンパパとジュンも、式に出席しました。

式は感動的なものでした。
卒業生の答辞。
それに感動された司会の先生が言葉に詰まって、次の進行に進めなくなるほど。
そんなハプニングもありました。
(このお話は式後に行われた懇親会のとき、教頭先生にお聞きしました)

最後は会場全体で「旅立ちの日に」の合唱。
事前に先生にお願いして頂いていた、合唱曲の入ったMD。
毎日かけていたのでジュンも歌詞を見なくても、しっかり歌うことが出来ました。

この学校で過ごした3年間。
振り返ってみると、色々悩んだけれど希望をもって選択したこの学校。
しかし、私も娘も今まで行き来したことはあっても、
こういった特殊教育の場に本格的に身をおくのは初めてのことで
最初は戸惑いもありました。
娘にしても、すぐ側にいる友達の様子に戸惑い、大きく動揺する場面が見られ
1年生の頃はそれが大きな課題でした。
しかし2年~3年と過ごすうちに、徐々に受け入れられるように。

この学校のメインである作業学習や生活科での、将来を見据えた実践的な学習。
行事での取り組みや、毎日の体力づくりなど。
苦手なことや辛いこともあったようですが、乗り越えるたび何かを身につけて
母親の私が驚くほど、成長していきました。

誰かの言葉みたいですが、この学校で過ごした時間
「私たち本当に幸せでした」

子どもの可能性を信じ、時にはやさしく背中を押し
時には厳しく立ち向かってくれた先生方。
私たちの知らないところで、現場ではたくさんの葛藤があったことでしょう。
でも先生方の熱意ある姿に、どれだけ励まされ、それが嬉しかったかわかりません。

色んな場面で話を聞いてくれたり、知らないことを教えてくれたお母さん方。
本当に心強かった。

あまりにユートピアだったので、これから先が・・・。
でもここで大きな力を頂いたので、明日を生きていけそうです。

卒業式の後、入った教室は、もう全て掲示物ははがしてあり
何の飾りもない教室に戻っていました。
「まっさらな気持ちで飛び立って行って下さい」
先生の言葉に、今本当に子どもたちが飛び立つときが来たことを感じました。

9人のクラスメートと2人の先生で過ごしたあの小さな教室。
でもそこで娘は大きなものを頂きました。

「この先、きっとどんなことがあっても生きていけるよ」
今は親子でそんな気持ちでいます。

4月になれば、また新しい笑顔がその教室にやってくるのですね。
どうかそれぞれが大きな可能性を広げることが出来ますように。

またいつかどこかで会える日まで。






未完成の卒業アルバム 
2007/03/09 【Fri】 21:48
CATEGORY【お姉ちゃんのこと】
真ん中のお姉ちゃんが、昨日卒業アルバムを持ち帰って来ました。
卒業アルバムと言っても、お姉ちゃんの学校の卒業アルバムは
普通の卒業アルバムとは、ちょいと違うのです。

全部生写真を貼って作る 「自分だけの、世界にたった一つのアルバム」 なのです。
学級写真や、宿泊を伴う行事での集合写真などは別ですが
その他の写真は、全て先生方が撮影して下さったもの。
だから自然な表情がいっぱい。
自分でレイアウトして、写真を貼り付け、タイトルを入れたりコメントをつけたり。
持ち帰ってきたアルバムは、とびきり素敵なものになっていました。

アルバムを開くと、中には写真だけでなく、在校生からの寄せ書きや先生からの言葉。
10年後の自分に問いかけるメッセージなどが。
娘と一緒に見ていたら、やはりこの3年間の学校での思い出が蘇り
涙が出てしまいました。

しかしこのアルバム、まだ完成していません。
そう、卒業式の写真がまだないのです。
卒業式の後、学校から送られてくる 「卒業写真」 を自分の手で貼り終わったとき
初めてこのアルバムは完成します。

いよいよ明日は卒業式の総練習。
別れの時が目の前に迫ってきました。




みんなでランチ♪ 
2007/03/08 【Thu】 21:24
CATEGORY【日記】
ジュン、今日はホテルのランチバイキングに行きました。
学校の先生が、クラスのみんなを連れて行ってくれました。

以前にも書きましたが、クラスで行っている作業学習。
そこで作った製品を販売し、その売り上げで 「みんなで“ランチバイキング”に行く」 ことを
楽しみに頑張ってきたのです。

その甲斐あって、ランチバイキングに行くことが出来ました。
ジュンにははじめての経験でしたが、とても嬉しかったようです。

作業学習は参観する機会がありましたが、なかなか大変そうでした。
ジュンにとっては立ち作業でもあるし、体力的にも困難に思えましたが
意外にも難なくこなすことが出来、しかもけっこう意欲的に
取り組めたこと、良かったです。

みんなと一緒に作業学習に参加出来たこと、一年間頑張れたこと
その経験がジュンにとって、何よりの財産となるでしょう。


もちろんランチバイキング、来年も行けたなら大きな励みとなりますし
嬉しいことですけどね。

━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━

福岡の方から、とっても素敵な春の画像を送って頂きました(^O^)/

お庭に咲いた花、だそうです。

IMG_0539.jpg

つくし~の子が、はず~か~しげに、顔をだ~します♪♪
       もうすぐ春なんですね(^o^)


IMG_0538.jpg

きみは、ダンデラ~イオン♪♪
       ふたつのタンポポが寄り添っていて、可愛い(*^_^*)


IMG_0537.jpg

さく~ら、さく~ら・・・さら~ば友よ~、今旅立ちのとき~~♪♪
       開花予想も出ましたね。北海道はいつごろ咲くんでしょう?

めぐママさん、ありがとうございました♪



風邪だったけど、頑張りました 
2007/03/07 【Wed】 21:18
CATEGORY【日記】
ここには書いていませんでしたが、少し前からジュン風邪ひいてました(^^;)

土日(3/3~3/4)ゆっくり休めば良くなるかと思っていたのですが、
違う風邪を引きなおしたのかさらに悪化。
それで月曜日の朝一番で病院を受診し、抗生剤など頂いて、その足で学校へ。
だって次の日、火曜日(3/6)は 「3年生の卒業を祝う会」で、
頑張らないといけないんだもん!と、いう感じでした。

立候補して応援団長になり、とても張り切っていたのです。
鼻水がひどかったので、カバンにティッシュを一箱毎日持って
通っていました。

幸い咳や鼻水の症状はあったものの熱はなく、
卒業を祝う会の準備期間から本番当日まで休まず行くことが出来ました。

そんなこんなでやっと迎えた 「祝う会」 当日。
ちょっとまだ声は変でしたが、なんとかいっぱい声を出して
頑張ることが出来ました。

先生に指導されたように 「いつもの自分を捨てて」 出来たみたい。
ジュン本人はとっても満足してました








[ -続きを開く- ]
誕生日は、カレーライスで♪ 
2007/03/03 【Sat】 21:29
CATEGORY【お姉ちゃんのこと】
IMG_2250.jpg

3月3日は、ひな祭りですが、うちの真ん中のお姉ちゃんの誕生日です。
18歳になりました(^o^)v

卒業式をひかえ、希望と不安でいっぱいのようですが
そんな中、今年も無事にこの日を迎えられたことに感謝です。

今日は新しい生活に必要なものを買いに行ってきました。
靴にブラウス、スーツ。
そしていよいよ携帯デビュー♪

ジュンも一緒に行って、お姉ちゃんにお弁当に使うお箸と箸箱を
プレゼントしていました。

「今日、何食べたい?」っておねえちゃんに聞いたら
返ってきた答えは何と、「カレーライス!」

今晩はカレーライスでお祝いしました。

卒業式まで、あと一週間となってしまいましたが
体調に気をつけて、お休みせず最後まで学校に通うことが出来ますように。

IMG_2252.jpg
ジュンがお姉ちゃんにプレゼントした、箸箱♪


応援団長 
2007/03/01 【Thu】 21:43
CATEGORY【日記】


ジュンから招待状が届きました(⌒-⌒)
もうすぐジュンのクラスでは、3年生の 「卒業を祝う会」 が開かれます。
保護者も参加して行われます。

ジュンは応援団長を務めるそうです。
すっごく、張り切っています。
当日は恥ずかしがらずに、大きな声を出せるでしょうか。
3年生のハートに届くように、気持ちをこめて。
「オッス!」ってね。


[ -続きを開く- ]
卒業プレゼント 
2007/03/01 【Thu】 20:35
CATEGORY【お姉ちゃんのこと】
IMG_2243.jpg

真ん中のお姉ちゃんの学校では、在校生から卒業生に
卒業記念品が贈られます。
昨日、その記念品を持って帰ってきました。

学校には木工科、クリーニング科、工業科、家庭科、
産業科 (紙工班、窒業班、印刷班) があります。

贈り物は、それぞれの科から
写真立て、お皿、お弁当袋、ペーパーウエイト、ランチマット、
紙すきハガキ (画像にありませんが・・・)
紙袋の 「祝卒業」 の文字は印刷班の“仕事”です。
そしてクリーニング券。

下級生が上級生に当たる3年生の制服をクリーニングしてくれるのです。
「制服、きれいになったよ~」 と喜んで帰ってきました。

それぞれの品物は、これからの生活の中で実際に使えるものなので
とてもありがたいです。

特にお弁当袋。高校では給食だったので、新しい職場へお弁当を持っていくことを
お姉ちゃんはとても楽しみにしています。
先日行なわれた、学年集会のゲームの景品として、ちょうどお弁当箱を頂いたので
それと合わせて使うことが出来嬉しさ倍増です。

やさしい贈り物、ありがとう。




現在の閲覧者数:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。