プロフィール

ジュンママ

  • Author:ジュンママ
  • 3児の母。娘が2人。
    末っ子の息子のジュンは、1歳で脳腫瘍(毛様細胞性星細胞腫)を発症。
    (闘病の詳細はHPのほうに
    記しています)
    現在は高校1年生。
    日々のあれこれを綴ります。

    ※ここでジュンのことをお伝えするのは終了しました。
    今までありがとうございました。
    お問い合わせは、下記のメールフォームをお使い下さい。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近のコメント

最近の記事

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

QRコード

QRコード

カレンダー

11 | 2006/12 | 01
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

じゅんろぐ
ジュンの日々の様子やお気に入りを紹介していきます。
スポンサーサイト 
--/--/-- 【--】 --:--
CATEGORY【スポンサー広告】
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

|
もうトランプはいらない 
2006/12/20 【Wed】 23:01
CATEGORY【成長】
学校の規則に 「不必要な金銭や物品を学校に持って来ない」 
というのがあります。

ジュンのトランプ・・・。
これはジュンが学校生活を送るために必要なものと、先生方が認めて下さって
特別に学校に持ってくることを許可して頂いていたものでした。

みんなと同じように勉強したり、走ったり飛んだりはおろか
学校にさえまともに通う事が出来ずにいたジュン。

ジュンにとってトランプは唯一自分を表現し、相手とコミュニケーションをとるための
大切な手段であり、ツールでした。

ところが、そのトランプ。
ジュンにとっては、「マジックの道具」ですが
普通は「遊びの道具」

初めての頃は、興味もあって熱心に見てくれたクラスの友達も
そればかりでは飽きてしまいます。
みんながトランプで遊ぼうとするときに、今度はその中に入っていけないジュンがいて・・・。

これではトランプは逆に「コミュニケーション障害の道具」となってしまいます。

一学期に担任に先生からそのことを教えて頂き、私も一念発起。
実は私もジュンがトランプばかりいじっている姿を見て、これでは
これから生きていくのに困るのではないかと案じ初めていたのです。

ちょうどいいタイミングで夏休みだったので、ちょっとした
「ジュン改造大作戦」・・・(これは大げさですが)

家族でトランプを楽しんだり、後は私の気持ちを話したり。
ジュンもとても素直に話を聞いて、納得してくれました。

その甲斐あって、作戦は大成功。

2学期に入り、ちょうど治療の効果もあり、学校に元気に通えるように。
教室で過ごす時間もどんどん増えていきました。
みんなと一緒に体力づくりに参加したり、授業を受けたり。
休み時間もマジックから離れて、クラスの友達に混ざって過ごせるようになりました。

先日の個人懇談のときに 「これからはもうトランプは持って来ない」 方向に
進もうと、先生から提案がありました。

今のジュンを見ていて、そうすることが素直に「いい」と私も思えたので、
ジュンには先生からお話頂くことをお願いし、帰宅。

そして昨日先生からジュンお話があったそうです。
ジュンがどんな反応をするのか、ちょっと心配だった私ですが
すんなりと先生からの話を受け止めていたそうです。

あれだけトランプに固執して手放せなかったジュンなのに
すごいと思いました。
それだけ自分に自信が持てるようになったのだと思います。

だから、もう 「トランプはいらない」
ジュンの学校生活に、ジュンだけの特別な道具は、もう必要ではなくなりました。
これからは、みんなと同じように、同じ道具で、
過ごしていけるジュンがいてくれると思います。


ジュンが一番愛用している、「バイスクル ライダーバック」



[ -続きを開く- ]
スポンサーサイト

現在の閲覧者数:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。