プロフィール

ジュンママ

  • Author:ジュンママ
  • 3児の母。娘が2人。
    末っ子の息子のジュンは、1歳で脳腫瘍(毛様細胞性星細胞腫)を発症。
    (闘病の詳細はHPのほうに
    記しています)
    現在は高校1年生。
    日々のあれこれを綴ります。

    ※ここでジュンのことをお伝えするのは終了しました。
    今までありがとうございました。
    お問い合わせは、下記のメールフォームをお使い下さい。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近のコメント

最近の記事

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

QRコード

QRコード

カレンダー

04 | 2006/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

じゅんろぐ
ジュンの日々の様子やお気に入りを紹介していきます。
スポンサーサイト 
--/--/-- 【--】 --:--
CATEGORY【スポンサー広告】
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

|
病棟のルール 
2006/05/01 【Mon】 21:46
CATEGORY【思ったこと】
今回の入院で久しぶりに病棟に入ってみて、
病棟での決まりが随分と変わっているのに驚き、戸惑いました。
あの頃良かったことが今はダメになり、
逆に前にダメだったことが、今は認められている。
初めての入院で、ここにきたのが11年半前。
その後は4年半前。
だから仕方ないですね。
もう時代が変わっていると言ってもいいくらい経っているのですから。

ジュンが入院したのは脳外科と小児科の病棟ですが
おばあちゃんが第二外科(現、心臓血管外科)におじいちゃんが第一外科に
それぞれ入院したことがあります。

面会時間はどこも一応同じ。
小児科は両親以外病棟には入れないけれど、脳外科は大丈夫。
おじいちゃんが入院してた第一外科は、子どもは病棟に入れませんでした。
だからジュンは病室には入れず、いつも待ちぼうけでしたっけ。

この病院はどこにいても思い出だらけ。
今回もまた“同じ場所”に行ってみて、色んなことを思い出しました。

クリスマスも年末年始も、そうゴールデンウイークも、
家には帰れずここにいた日々の事を。

なんとかして子ども達に楽しく過ごさせたいと、同じように家には帰れない
子どものお母さんたちと、色んなことやったなぁと。
少々無茶なことも。
そう、なんとかその日を楽しく愉快に過ごすこと。
それが、私たちのルールでした。

看護師さんたちも、私たちの気持ちを理解してくれて
随分と手を貸してくれましたっけ。
「このことは私は何も知らなかったことにしてね。」という言葉つきで。
そう、これは全部私たちが勝手にやったこと、了解!そうよ、そうよ~(((o≧ヮ≦)o

子どもの病気の事で、辛い思いをしたり、涙を流したり。
そんなときだったにもかかわらず、今思い出すのはなぜか楽しいことばかり。

改めて、あの時の仲間、あの時間に「ありがとう」



同室の同じ病気の“戦友”と洗面台で遊んで・・・
いえ、手を洗っているところ。右側がジュンです。



[ -続きを開く- ]
スポンサーサイト

現在の閲覧者数:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。