プロフィール

ジュンママ

  • Author:ジュンママ
  • 3児の母。娘が2人。
    末っ子の息子のジュンは、1歳で脳腫瘍(毛様細胞性星細胞腫)を発症。
    (闘病の詳細はHPのほうに
    記しています)
    現在は高校1年生。
    日々のあれこれを綴ります。

    ※ここでジュンのことをお伝えするのは終了しました。
    今までありがとうございました。
    お問い合わせは、下記のメールフォームをお使い下さい。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近のコメント

最近の記事

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

QRコード

QRコード

カレンダー

10 | 2005/11 | 12
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

じゅんろぐ
ジュンの日々の様子やお気に入りを紹介していきます。
スポンサーサイト 
--/--/-- 【--】 --:--
CATEGORY【スポンサー広告】
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

|
くすりやさんのおもちゃ 
2005/11/23 【Wed】 22:50
CATEGORY【病気関連】
昨日、上のお姉ちゃんを連れて北大の皮膚科を受診しました。
初診ということで予約外だったため、待つこと2時間。
かつてはジュンもここの常連さんでしたが、いつの間にか
良い状態になり、皮膚科とは疎遠になっていました。

診察が終わって病院を出て薬をもらうため、薬局へ。
中へ入るといつもの見慣れた薬剤師さんの姿が。
娘に「覚えてる?」と聞いたら「覚えてる~!」(^o^)と。

最初の退院の時、ジュンはまだ自分に必要な栄養を経口接取することが出来ず
点滴を引っさげての帰宅だったため、薬局から家に輸液を届けてもらっていました。
口から栄養がとれないため、まさしく命の点滴。

家に輸液専用の冷蔵庫を用意し、点滴のルートや膨大なシリンジ、
テープや包帯類を入れておくプラスチック製の引き出し式の棚も購入。
薬局では病院から預かったそれらのものも、調整した輸液と一緒に
届けてくれるのです。
それはこの薬剤師さんの好意でした。
本来、薬局は輸液だけを届ければいいのですから。

入院中は看護師さんや先生がしてくれたり、教えてくれたことを
今度は家で私一人でやらねばならず、その頃は不安でいっぱいでした。
そんな私をいつも声をかけて質問に答えてくれたり、励ましてくれたり。

そして思い出すのはいつも持ってきてくれたおもちゃ。
ジュンの分だけではなく、お姉ちゃん達の分もちゃんと3つ。
子ども達はとても喜んでいました。

やがて奇跡的に点滴がはずれることになり、薬局から輸液を
運んでもらうこともなくなりました。
家に通ってもらった1年間。本当に親切にしてもらいました。

その当時小学校5年~6年生だった娘も今は二十歳。
その薬剤師さんは娘を見るなり「わー!大きくなったなあ。ぼくが年をとるわけだ」
「私もです~」

その後娘にとても熱心に薬の説明をしてくれました。

今でもジュンの顔を見ればおもちゃを手渡してくれるのです。
心やさしい人たちに支えられて、今のジュンがあることを思います。



写真は当時もらったおもちゃ。
左からピョンピョンガエル、ミニパチンコ、ブーブークッション
随分と楽しませてもらいました(*^^*)

スポンサーサイト

現在の閲覧者数:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。