プロフィール

ジュンママ

  • Author:ジュンママ
  • 3児の母。娘が2人。
    末っ子の息子のジュンは、1歳で脳腫瘍(毛様細胞性星細胞腫)を発症。
    (闘病の詳細はHPのほうに
    記しています)
    現在は高校1年生。
    日々のあれこれを綴ります。

    ※ここでジュンのことをお伝えするのは終了しました。
    今までありがとうございました。
    お問い合わせは、下記のメールフォームをお使い下さい。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近のコメント

最近の記事

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

QRコード

QRコード

カレンダー

07 | 2005/08 | 09
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

じゅんろぐ
ジュンの日々の様子やお気に入りを紹介していきます。
スポンサーサイト 
--/--/-- 【--】 --:--
CATEGORY【スポンサー広告】
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

|
ノンちゃんの言葉、ジュンの言葉 
2005/08/18 【Thu】 23:11
CATEGORY【思ったこと】
ネット仲間のノンちゃんは車椅子ユーザーの女の子です。
ノンちゃんが管理しているサイト「Non's Days,Non's Time」
その中で先日の彼女の日記は、病気の子を持つ親として
とても考えされられる内容でした。

あるドキュメンタリー番組を見た、ノンちゃんの感想なのですが
その番組の中で、これから手術や治療をしなければならない我が子に対して
「自分のことなのだから、自分で決めなさい」と母親が言っていたというのです。
まだ9歳の子どもにです。
その番組に対してノンちゃんの感想は、子どもの頃から病気と闘ってきた彼女だから
言える言葉が記されていました。

そのノンちゃんの日記を読んで「果たして私はどうやってここまで来たのだろう」と
考えてしまいました。
ちゃんとジュンの心に寄り添ってきたのだろうかと。
これまでしてきた選択は間違っていなかったのだろうかと。
ジュンが発症したのは1歳のとき。
まだ病気の説明をしてやれる年齢ではなく、ましてその母親のような
言葉を言えるような状態ではありませんでした。

よく聞かれるのはどうやって子どもに病気のことを告知したのか、ということですが
実は私はその質問にちゃんと答えられるほど良くは覚えていないのです。
きっとあまりに夢中だったからだと思います。
ただジュンは病気のことは全部知っています。

私達親は、病気の子どもの辛さや痛みをわかってやりたくても
その子と同じ経験は出来ません。
そんなとき、ノンちゃんの言葉はとても有り難いものでした。
闘病の中で感じた気持ちに、はっとさせられることもたくさんありました。

子どもには「たくましく育ってほしい」と親なら誰しも願います。
そう願うからと、道で立ち止まっている我が子を突き放せば
その時は一瞬楽かもしれません。
でも私には子どもの気持ちに寄り添えないことのほうが辛いです。

お母さんが死んだら、ぼくも死ぬから
最近ジュンがよく口にする言葉です。
これには正直返す言葉がありません。

ノンちゃんの言葉、ジュンの言葉。
どうか反映される世の中でありますように。



画像はノンちゃんから頂いた、電車の車掌さんの帽子のカタチの貯金箱。

ノンちゃんのHP↓
http://sunflower.myfws.com/
(8/17付けの日記「あるドキュメンタリー番組に思うこと」を読んでみて下さい)


スポンサーサイト

現在の閲覧者数:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。