プロフィール

ジュンママ

  • Author:ジュンママ
  • 3児の母。娘が2人。
    末っ子の息子のジュンは、1歳で脳腫瘍(毛様細胞性星細胞腫)を発症。
    (闘病の詳細はHPのほうに
    記しています)
    現在は高校1年生。
    日々のあれこれを綴ります。

    ※ここでジュンのことをお伝えするのは終了しました。
    今までありがとうございました。
    お問い合わせは、下記のメールフォームをお使い下さい。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近のコメント

最近の記事

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

QRコード

QRコード

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

じゅんろぐ
ジュンの日々の様子やお気に入りを紹介していきます。
スポンサーサイト 
--/--/-- 【--】 --:--
CATEGORY【スポンサー広告】
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

|
本の紹介 
2010/03/11 【Thu】 22:08
CATEGORY【おしらせ】
NHKの番組 『ドキュメント にっぽんの現場』 (2008年6月放送) を書籍化

「いのちの約束~北大病院・澤村先生と子どもたち~」

http://www.poplar.co.jp/korekara/3469/004477.html
(ポプラ社HP)
板垣淑子・著 2010年3月19日(金)発売

『小児脳腫瘍という難病と向き合いながら、それでも「生きる」ということを決してあきらめようとせず、まっすぐに生きようとする子どもたちの姿。そして、その子どもたち一人一人の将来の暮らしや「夢」を守ろうと一緒に闘い続けている脳外科医の澤村豊先生。「命」を守ろうと真摯に闘う医師と子どもたちの物語です。』 (著者 板垣さんのコメント)


第一章 小児脳腫瘍と闘う少女、キヨカちゃん

第二章 命をかけた闘い キヨカちゃんと澤村先生、魂の交流

第三章 澤村先生助けて

第四章 子どもたちの「夢」を守りたい

第五章 澤村先生の原点 セイシロウくんが残した言葉

第六章 ジュンイチくんと澤村先生 二人三脚で闘い続けた十五年

第七章 一人でも多くの子どもを救うために

最終章 いのちの約束


スポンサーサイト
コミュニティのお知らせ 
2009/11/30 【Mon】 22:52
CATEGORY【おしらせ】
小児脳腫瘍 胚細胞腫のコミュニティ 「クローバー」

http://haisaiboushu.web.fc2.com/

小児脳腫瘍のひとつである 「胚細胞腫」 に特化したコミュニティです。
同じ病気のお子さんを持つ家族の為の 「セルフヘルプ・グループ」 として
仲間同士が集まって、情報や悩みを分かち合い、助け合うことを目的に
開設されました。

※参加対象となるのは、胚細胞腫瘍 (胚細胞腫瘍には各種あります)
またはジャーミノーマ (胚腫・胚芽腫) と診断されたお子さんをお持ちの方です。


★・‥・‥・・‥・‥・・‥・‥・・‥‥・・‥‥・・★

ジュンが一歳で病気を発症した頃は、まだインターネットも一般にはほとんど普及しておらず
情報を得るのは大変なことでした。
今は逆に多くの情報が溢れていますが、注意して取捨選択しなければならない時代です。
「胚細胞腫」 のお子さんをお持ちの方に、このコミュニティに参加されることをお勧めいたします。


 
2009/04/07 【Tue】 09:24
CATEGORY【おしらせ】
何度かお知らせいたしておりますが、ここにあるブログ拍手の
コメント欄にメッセージを入れていただきましても
こちらからお返事することは出来ません。

横にあるメールフォーム、あるいはこの記事の右下にあります
コメント欄からメッセージをいただけないでしょうか。
よろしくお願いいたします。


「クローズアップ現代」 放送のお知らせ 
2008/11/22 【Sat】 23:53
CATEGORY【おしらせ】
小児脳腫瘍をテーマにした番組が放送されます。

「クローズアップ現代」
http://www.nhk.or.jp/gendai/

2008年12月2日(火) NHK総合 夜7時30分~7時56分
                   BS2 夜8時34分~9時


知られざる悲劇
~小児がん医療を問う~


子どもの命が最も奪われる病気、「小児がん」。中でも、子どもの脳にできるガン=「小児脳腫瘍」は、死亡率が最も高いにも関わらず、専門の医師がほとんどいない。専門外の医師の治療を受けた結果、命に関わる事態に陥ったり、重い後遺症を残したりするケースもある。子どもの命を救うはずの「治療」が、認知障害・失明・歩行障害など取り返しのつかない重い障害を負わせかねない実態を明らかにし、子どもの命を守るための体制整備が急務であることを訴える。


スタジオゲスト : 松谷 雅生さん
    (埼玉医科大学国際医療センター病院長)


多くの方にご覧頂きたく、お知らせ致します。

※当初の放送予定日が、変更になっていますのでお気をつけ下さい。


クローズアップ現代 
2008/11/18 【Tue】 09:27
CATEGORY【おしらせ】
小児脳腫瘍についての番組が放送されます。

2008年12月1日(月)NHK総合 夜7時30分~7時56分
                BS2 夜8時34分~9時00分
「クローズアップ現代」


ジュンの主治医の澤村先生が出演されます。

内容は 「日本における小児脳腫瘍の治療体制の問題点」 について

子どもの病気の中では最も死亡率が高い 「小児脳腫瘍」。
命に関わる難病というだけでなく、治療が深刻な後遺症を伴うにも関わらず、
専門医が不足し、「治療の格差」が子どもの将来に
取り返しのつかない結果を生むケースも少なくない。
番組では、専門医を備えた治療施設に
患者を集められるような医療体制の必要性について、
専門家の意見を交えながら提言していく。

http://www.nhk.or.jp/gendai/

★・‥・‥・・‥・‥・・‥・‥・・‥‥・・‥‥・・★
【クローズアップ現代】 について

時代を見つめる確かな 「眼」
   

平成5年4月5日に始まった 「クローズアップ現代」。
<ワンテーマ>、<VTRとゲストトーク>というキャスター情報番組の
スタイルを貫きながら、放送回数も2600回を超えました。
番組は、毎回、最も旬なテーマを取り上げてきました。
災害、事件、事故は常に機動力を生かし、その背景や波紋などにも果敢に迫ってきました。
さらに国際経済、環境問題など地球規模のテーマについても、
大きな時代の流れを読み解く番組を手がけてきました。
こうした中、一貫して変わらないのは、視聴者の関心と疑問に向き合い、
一本一本を真剣勝負で伝えるという姿勢です。
それを可能にしてきたのは、圧倒的な番組の蓄積で培われた、
時代を見つめる確かな「眼」です。
16年目の「クローズアップ現代」にも、引き続きご期待下さい。

NHK報道局・報道番組センター  岩堀 政則
NHK制作局・第2制作センター  佐藤 高彰
(同番組HPより)

http://www.nhk.or.jp/gendai/


クリスマスがやってくる♪ 
2008/11/01 【Sat】 20:47
CATEGORY【おしらせ】
11/1にこのブログのメールフォームから、メールを下さった方。
記載されていたアドレスにメールを送っても、戻ってきてしまいます。
もう一度ご確認の上、メールを頂けないでしょうか。
どうぞ、よろしくお願い致します。


ハロウィンが終わって、クリスマスがやってくるよ☆



現在の閲覧者数:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。